おてんと様のお使いが
揃って空をたちました。
みちで出逢ったみなみ風
(何しに、どこへ。)とききました。



一人は答えていいました。
(この明るさを地に撒くの、
みんながお仕事できるよう。)



一人はさもさも嬉しそう。
(私はお花を咲かせるの、
世界をたのしくするために。)



一人はやさしく、おとなしく、
(私は清いたましいの、
のぼる反り橋かけるのよ。)



残った一人はさみしそう。
(私は「影」をつくるため、
やっぱり一しょにまいります。)


HOMEへ

今日の花6月目次へ

ゴマノハグサ科キンギョソウ属
別名 スナップドラゴン
原産地 地中海沿岸 花期4月〜8月
江戸時代に伝来したとき、花の形が金魚に似ているので金魚草と名づけられました。花色は豊富で二色のものもあり、また八重咲きもあります。矮性種や秋咲き、冬咲きなど多くの種類があります。

自分の中に無限をもちはこんでいる人は、
われわれのうちでもごくごく少ない。

    ロマン・ロラン(「ジャン・クリストフ」より)

今日の花目次へ

次の日へ

前日へ


6月28日

キンギョソウ(金魚草)

京都府立植物園沈床花壇

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

今日の花目次へ

日の光     金子みすゞ