今日の花6月目次へ

今日の花目次へ

HOMEへ

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

大阿蘇      三好達治

雨の中に馬がたっている
一頭二頭仔馬をまじえた馬の群れが 雨の中に立っている
雨は蕭蕭(しょうしょう)と降っている
馬は草をたべている
尻尾も背中も鬣(たてがみ)も ぐっしょりと濡れそぼって
彼らは草をたべている
草をたべている
あるものはまた草もたべずに
   きょとんとしてうなじを垂れてたっている
雨は降っている 蕭蕭(しょうしょう)と降っている
山は煙をあげている
中嶽の頂から うすら黄ろい 重っ苦しい
   噴煙が濛濛とあがっている
空いちめんの雨雲と
やがてそれはけじめもなしにつづいている
馬は草をたべている
草千里浜のとある丘の
雨に洗われた青草を彼らはいっしんにたべている
たべている
彼らはそこにみんな静かにたっている
ぐっしょりと雨に濡れて いつまでも
   ひとつところに 彼らは静かに集まっている
もしも百年が この一瞬の間にたったとしても
   何の不思議もないだろう
雨が降っている 雨が降っている
雨は蕭蕭(しょうしょう)と降っている


6月17日

トレニア

ゴマノハグサ科トレニア属  一年草
原産地  インドシナ半島
花期間  6月〜9月
別名 ハナウリグサ ナツスミレ(夏菫)
明治初期に渡来。花は小さめで群がって次々と咲き続けます。花色は淡桃色、青紫、赤紫、白など花弁の中央部は白く花芯付近は黄色できれいです。夏の暑さには強いが寒さに弱い。

 服部緑化植物園にて(6月12日)

今日の花目次へ

前日へ      次の日へ

青空より 破片あつめてきしごとき 
       愛語を言えり われに抱かれて

                                           寺山修司