HOMEへ

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます


一重咲き

5月6日

クサノオウ(草の王)

ケシ科クサノオウ属 多年草
原産地 日本、東アジア温帯地方
花期間 4月〜6月 秋にも開花
4月から鮮やかな黄色の花を次々に咲かせます。一重のものが全国に野草として分布しているようです。花を観賞する八重咲きのものもあります。 昔から湿疹や疥癬などの皮膚病の漢方薬として用いられてきましたが、毒性が強いので素人の取り扱いは危険です。この薬効から別名「瘡の王」とも呼ばれています。

前日へ

次の日へ

今日の花目次へ

挨拶(あいさつ)の下手な人に     阪田寛夫

昨夜(ゆうべ)辞書を引いておどろいた
挨は押し合う
拶も押し合う
挨拶とは押し合いへし合いのことだった
ドリトル先生の両頭獣「Pushmi-pullyu]を
井伏鱒二氏はオシツオサレツと訳されたが
人類も挨拶をする珍獣が
昔この字を習うとき
手偏(てへん)に「ム矢三くタ」
むやみに食うから挨拶できない
なんて教わったんだけど
今朝からぼくらは押しくらまんじゅう
押されて泣くな、とがんばっている


一重咲き

八重咲き

 西宮緑化植物園にて

今日の花5月目次へ

栄達(えいたつ)はすでに杳(とお)しと
思いつつ風道(ふうどう)の如き
露地を出で来ぬ

               石田比呂志