竹薮で誰かが竹を斫(き)っている

竹は華やかな叫びをあげて大袈裟な身振りで仆れてゆく

そのあと 天がますます明るくなる

これから斫(き)られる竹は身を寄せあい

羞(はずか)しげな含み笑いを交わしながら

なぜだか嬉しそうに順番を待っている

 *

はははは と 誰かが澄んだ声をして笑う

鳥かしら? 鳥でもない

そこらがばかに騒がしくて

竹薮の中に誰かがいるらしい

彼は竹を斫(き)っている すると

紺青(こんじょう)を刷いてゆるやかな弧をを描いて

                    つぎつぎに仆れる竹が

はははは と擽ったそうに笑うのである


HOMEへ

4月27日

シャガ(射干)

アヤメ科アヤメ属  常緑多年草
原産地 中国から古い時代渡来の帰化植物 
花期間 4月中旬〜5月
別名  胡蝶花
シャガは著莪とも書きます。射干は本来ヒオウギをも意味しますので紛らわしいですね。アヤメの仲間で世界のアヤメ(アイリス)の仲間でもシャガのように日陰を好むのは少ないそうです。林や竹林の中で白い花弁に黄色と紫の縁取りが鮮やかに浮かび上がってきれいです。花は一日花で実はなりません。根を伸ばして増えます。


六甲高山植物園

和歌山子安地蔵寺

和歌山子安地蔵寺

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます


風  景        伊藤桂一

 大阪万博記念公園にて

今日の花目次へ

前日へ      次の日へ

今日の花4月目次へ

今日の花目次へ


ヒメシャガ(姫射干)  アヤメ科アヤメ属 日本の山地の林の中などに自生 5月〜6月に開花
                          シャガより花や草丈が小さく薄紫色の花は美しい。

日の夕べ珈琲の香のたちくるを
     かなしみにつつ街に入り来も

                    成瀬 有