今日の花目次へ

HOMEへ

樹々が揺れ 芽ばなが飛び
やわらかい李(すもも)の嫩葉(わかば)が乱れ
独り居の情意(おもい)をなぜこのようにさわがせる
風に戦(そよ)ぎ立つ樹々の垣根を
子を伴れたむかしの女がゆくというのか……

花片(はなびら)がちぎれ 芽ばながとび散り
揺れ さわぎ 鳴り 木の葉もこゝろも――
にごり日の侘しい訪問(おとない)よ
あわたゞしい好奇者よ 四月の風よ

4月9日

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

ニリンソウ(二輪草)

キンポウゲ科イチリンソウ属
原産地 日本全国に分布
花期間 3月下旬〜4月
林の縁のやや日陰を好む。地味なのですぐには発見しにくい。3枚の葉の中心から二輪の花が咲くが同時に咲くのではなく片方は少し遅れて咲きます。

四月の風      村野四郎


一輪草は花が大きいので比べればすぐわかります。

京都府立植物園にて(4月4日)

今日の花3月目次へ

今日の花4月目次へ

前日へ    次の日へ

巡 礼     北原白秋

真実、諦め、ただひとり
真実一路の旅を行く、
真実一路の旅なれど
真実、鈴ふり、思ひ出す。