宝塚市中山観音梅林にて(3月29日)

今日の花3月目次へ


エゾムラサキツツジ

早咲きのツツジ

前途は遠い。そして暗い。然し恐れてはならぬ。
恐れない者の前に道は開ける。行け。勇んで。小さき者よ。

                         有島武郎(「小さき者へ」より)

前の日へ         次の日へ          今日の花目次へ

今日の花4月目次へ

HOMEへ


ゲンカイツツジ
(玄海躑躅)

コバノミツバツツジ(小葉の三つ葉躑躅)

ツツジ科ツツジ属 落葉低木
原産地 静岡見以西、四国、九州
花期間 3月下旬〜4月
私が花の写真を撮り始めたきっかけは、この花が3月下旬から4月中旬にかけて西宮の甲山山麓をうす紫色に染めあげる美しさに感動したからです。六甲山系や北摂の山々はこれからコバノミツバツツジが咲き乱れ、ハイカー達を楽しませます。

ツツジ科ツツジ属 半落葉低木 原産地 岡山・鳥取以西、四国、九州
                         朝鮮半島 中国東北海岸部
花期間 3月〜4月  花崗岩の岩場に好んで生育している

詩集「17歳のポケット」より

生きる       山田かまち

かまち、おまえは
     人に好かれるか好かれないかということで
     生きているのではなかったはずだ。
     おまえは、生きる。
     ただ自分の行き方を貫く、
     それはひとつだけのために。
     おまえは裸、
     たったそれだけ、おまえの心しか
     この世にはない。
     おまえの生き方を貫く、
     消えるまで、生命が消えるまで、
     全ての力を出し切って、生ききる。
     それがおまえの生き方だ。
     おまえの生き方を貫け、
     それは意地ではない。
     美しさだ。
     今までは人の言うことを聞きすぎた。
     みじめな気持ちになり、
     仲間が欲しくなり、
     ろくでもないやつを仲間だと思いこむ。
     そこからおまえがくずれてゆく。

かまち、おまえはもっと自分を大切にしろ。
     激しく美しく生きろ。
     みせかけや、
     その時のいくじなしのみじめさは、
     軽く、安いものだ。
     激しい美しさ、真の叫びこそが美しい。
     くだらん連中に妥協するな。
     おまえにはおまえがある。
     人のことは考えず、自分の生き方を貫け。
     輝く激しさだけを信じろ。
     今を信じろ。
     自分を信じろ。
     ただ燃える、一本の生命を信じろ。
     おまえは美しい。
     それは誰がなんと言おうと、
     変ることのない偉大な真実だ。
     人に悲しまされるな。物事に悲しまされるな。

かまち、おまえは生きることを生きろ。
     おまえは再びおまえをつかめ。
     おまえは眠っていた。
     それをゆり起こして、
     さあ、
     再びおまえを生きるんだ。
     再びおまえを!
     妥協は敵だ。
     おまえはおまえしかないのだ。
     おまえがおまえでなくてどうする!?
     おまえは生きることを生きろ。
     昔を思い出せ!

ツツジ科ツツジ属 落葉低木 原産地 北海道 アジア東北地域の山地
花期間 3月〜4月  北海道では4〜5月に開花。

ツツジ科ツツジ属 半落葉低木 原産地 岡山・鳥取以西、四国、九州
花期間 3月〜4月  西日本の渓流沿いに自生しているツツジです。

4月4日

☆写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます


キシツツジ(岸躑躅)