HOMEへ

今日の花12月目次へ

今日の花目次へ

12月15日


京都植物園
12月1日

京都府立植物園
11月7日

次の日へ

前日へ

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

今日の花目次へ


花の文化園
12月10日

京都植物園
12月1日

イチゴの木

ツツジ科アルブッス属 常緑低木3〜5m
原産地 欧州南東部、トルコ、レバノン
花期間 10月〜12月 果実11月〜12月
花色は白やピンクです。一年後に赤く熟し、晩秋から初冬の頃には花と熟した実が同時に見ることができます。果実の形や大きさはヤマモモに良く似ています。ジャムや果実酒として利用されています。


    比較して人間をみてならぬこと
    懸命なる涙が訴えてくる

                                      水野昌雄

京都府立植物園にて
(2007年11月21日)

以下は全て2006年撮影

ちがう人間ですよ   長谷川龍生

ぼくがあなたと
親しく話をしているとき
ぼく自身は あなた自身と
まったく ちがう人間ですよと
始めからから終りまで
主張しているのです

あなたがぼくを理解したとき
あなたがぼくを確認し
あなたと ぼくが相互に
大きく重なりながら離れようとしているのです

言語というものは
まったく ちがう人間ですよと
始めから終りまで
主張しあっているのです
同じ言語を話していても
ちがう人間だということを
忘れたばっかりに恐怖がおこるのです

ぼくは 隣人とは
決して 目的がちがうのです
同じ居住区に籍を置いていても
人間がちがうのですよと
言語は主張しているのです
どうして 共同墓地の平和を求めるのですか
言語は おうむがえしの思想ではなく
言語の背景にあるちがいを認めることです

ぼくはあなたと
ときどき話をしていますが
べつな 人間であることを主張しているのです
それが判れば
殺意はおこらないのです


京都府立植物園
11月7日

京都府立植物園
11月7日