今日の花目次へ

HOMEへ

今日の花12月目次へ

今日の花目次へ

12月14日

赤い林檎の頬をして
眠っている 奈々子。

お前のお母さんの頬の赤さは
そっくり
奈々子の頬にいってしまって
ひところのお母さんの
つややかな頬は少し青ざめた。
お父さんにも ちょっと
酸っぱい想いがふえた。

唐突だが
奈々子
お父さんは お前に
多くを期待しないだろう。
ひとが
ほかからの期待に応えようとして
どんなに
自分を駄目にしてしまうか
お父さんは はっきり
知ってしまったから。

お父さんが
お前にあげたいものは
健康と
自分を愛する心だ。

ひとが
ひとでなくなるのは
自分を愛することをやめるときだ。

自分を愛することをやめるとき
ひとは
他人を愛することをやめ
世界を見失ってしまう。

自分があるとき
他人があり
世界がある。

お父さんにも
お母さんにも
酸っぱい苦労がふえた。

苦労は
今は
お前にあげられない。

お前にあげたいものは
香りのよい健康と
かちとるにむづかしく
はぐくむにむづかしい
自分を愛する心だ。

奈々子に    吉野 弘


前日へ

次の日へ

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

プリムラ・ジュリアン

サクラソウ科サクラソウ(プリムラ)属
原産地 ヨーロッパ、コーカサス地方
花期間 12月〜3月
ヨーロッパ原産のプリムラを改良した園芸種がプリムラ・ポリアンサです。さらに日本でポリアンサとコーカサス地方原産のプリムラ・ジュリエを交配してこのプリムラ・ジュリアンが昭和47年に作られました。今ではどこの庭園や植込みでも見かける、冬から早春を彩る華麗な花です。ポリアンサとジュリアンの違いは、ジュリアンのほうが小ぶりというだけで見分けが難しいですね。

雪夜(ゆきよ)子は泣く
     父母よりはるかなものを呼び

                    加藤楸邨

服部緑化植物園にて(12月3日)