HOMEへ

今日の花11月目次へ

うしろで

優雅な 低い話し声がする。

ふりかえると

人はいなくて

温顔の石仏が三体

ふっと

口をつぐんでしまわれた。

秋が余りに静かなので

石仏であることを

お忘れになって

お話などなさったらしい。

其処だけ不思議なほど明るく

枯草が こまかく揺れている。

前月目次へ

11月23日

シノグロッサム(支那忘れな草)

次の日へ

今日の花目次へ

前日へ

ムラサキ科シノグロッサム属
原産地 中国西南部〜チベット
花期間 暖地4月・5月 寒冷地6月〜8月
暖地ではこぼれ種で10月・11月にも開花。
青空のような色の花が忘れられません。他に白やピンクの色もあります。花の形はワスレナグサにそっくりです。こちらの方は中心の蕊が黄色でなく花と同じ色です。


京都嵯峨野大覚寺

石 仏 ― 晩秋     吉野 弘

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

空のなかにたおれいるわれをめぐりつつ
川のごとくにうたう日日たち

                   寺山修司

淡路夢舞台プロムナードガーデンにて(11月10日)