HOMEへ

今日の花3月目次へ

前月目次へ

3月20

今日の花目次へ

前日へ

次の日へ

原種系チューリップ

無声慟哭      宮沢賢治

バケリ・ライラックワンダー

兵庫フラワーセンター(4月15日)

ユリ科チューリップ属
原産地 地中海沿岸〜中近東、中央アジア
花期間 3月〜4月
一般に栽培されているものはゲスネリア種と呼ばれるものですが、他の品種として150種ほどの原種から原種系園芸種がヨーロッパなどで作られ、日本でも早咲き系約15種ほどが園芸店などで流通しています。いずれも花が小型で背も低く栽培しやすいのが特徴です。通常の園芸種にない可愛らしさと独特の花形に人気が高まっています。


クルシアナ・
レディジェーン

ブビデンスキー

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます


バケリ・
ライラックワンダー

クルシアナ・
シンシア

こんなにみんなにみまもられながら
おまへはまだここでくるしまなければならないか
ああ巨きな信のちからからことさらにはなれ
また純粋やちひさな徳性のかずをうしなひ
わたくしが青ぐらい修羅をあるいてゐるとき
おまへはじぶんにさだめられたみちを
ひとりさびしく往かうとするか
信仰を一つにするたつたひとりのみちづれのわたくしが
あかるくつめたい精進のみちからかなしくつかれてゐて
毒草や蛍光菌のくらい野原をただよふとき
おまへはひとりどこへ行かうとするのだ
   (おら おかないふうしてらべ)
何といふあきらめたやうな悲痛なわらひやうをしながら
またわたくしのどんなちひさな表情も
けつして見遁さないやうにしながら
おまへはけなげに母に訊くのだ
   (うんにゃ ずゐぶん立派だぢゃい
   けふはほんとに立派だぢゃい)
ほんたうにさうだ
髪だっていつそうくろいし
まるでこどもの苹果の頬だ
どうかきれいな頬をして
あたらしく天にうまれてくれ
   《それでもからだくさえがべ?》
   《うんにゃ いつかう》
ほんたうにそんなことはない
かへつてここはなつののはらの
ちひさな白い花の匂でいつぱいだから
ただわたくしはそれをいま言へないのだ
     (わたくしは修羅をあるいてゐるのだから)
わたくしのかなしさうな眼をしてゐるのは
わたくしのふたつのこころをみつめてゐるためだ
ああそんなに
かなしく眼をそらしてはいけない


バタリニー・
ブロンズチャーム

クルシアナ・
レデイスマイル

青空の井戸よ
      わが汲む夕あかり
            行く方を思へ ただ思へとや

                 山中智恵子