バラ科サクラ属 落葉低木
原産地 中国中部・北部
花期間 3月〜4月
別名 コウメ(小梅)
日本には奈良時代以前に伝わったようです。
春早く、細い小枝にピンクの小さい5弁の花をびっしりと付けます。また、ニワウメの変種とされているニワザクラは花が八重咲きで少し大きく、色はピンクか白です。

HOMEへ

今日の花3月目次へ

前月目次へ

3月8

ゆふぐれは そこにちかづいて
ことばを さしいれる。
きえてゆかうとする あをいことばを。

ゆふぐれは うすいろのきものをきて、
こころのおもてに
うまれない星を ちりばめる。

ゆふぐれは あのひとの こゑのないことばを
そよそよと そよがせ、
みづのやうに こころをふかくする。

ゆふぐれは はなればなれの思いを
けむりのやうに つなぎあはせ、
かくれてゐる おどろきをそだてていく。
 

 ほほえむことを忘れちゃいけない
 涙はひどくこぼれているが
 ほんの昨日も今は昔
 おもいだしちゃいけない
 哀しいことを

  (「愛する詩 第1集」より) やなせたかし

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

ニワウメ(庭梅)

ゆふぐれ      大手拓次

今日の花目次へ

次の日へ

前日へ

淡路島奇跡の星の植物館にて(3月4日)