HOMEへ

今日の花3月目次へ

前月目次へ

3月4


奇跡の星の植物館

奇跡の星の植物館

ミスミソウ(三角草)

川の流れのように     秋元 康
                    

知らず知らず 歩いてきた
細く長い この道
振り返れば 遥か遠く
故郷(ふるさと)が見える
でこぼこ道や 曲がりくねった道
地図さえない それもまた人生
ああ 川の流れのように ゆるやかに
いくつも 時代は過ぎて
ああ 川の流れのように とめどなく
空が黄昏(たそがれ)に 染まるだけ

生きることは 旅すること
終わりのない この道
愛する人 そばに連れて
夢 探しながら
雨に降られて ぬかるんだ道でも
いつかは また 晴れる日が来るから
ああ 川の流れのように おだやかに
この身を まかせていたい
ああ 川の流れのように 移り行く
季節 雪どけを待ちながら


ああ 川の流れのように おだやかに
この身を まかせていたい
ああ 川の流れのように いつまでも
青いせせらぎを 聞きながら

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

キンポウゲ科ミスミソウ属
原産地 本州・九州
花期間 3月〜4月上旬
流通名 ユキワリソウ(雪割草)
少し肉厚の葉が掌状に三裂しているのでミスミソウの名がついたようです。雪解けの頃、白やピンクや青などのかわいい花を咲かせることから、一般にはユキワリソウ(雪割草)の名前で流通しています。愛好家も多く、江戸時代から園芸種が多くつくられています。同属のミスミソウ、オオミスミソウ、スハマソウを総称してミスミソウと呼んでいます。またサクラソウの仲間にも「ユキワリソウ」があります。


黒暗(くらやみ)に手さぐるごとく生き来しを
悔しみはてて今夜(こよい)ねむらむ

                     木俣修


京都府立植物園

大阪府河内長野市花の文化園にて

今日の花目次へ

次の日へ

前日へ