今日の花1月目次へ

HOMEへ

前月目次へ

今日の花目次へ

小雨降る宵 春の宵
なにかなしむや 川太郎
ひとり音〆(ねじめ)の 爪びきに
ふるえて青し 糸柳

ここの館に棲むものは
世の常ならぬ 川太郎
色とりどりの 酒の味
空の青きを 恋ふるなれ

我もと雲の性(さが)なれば
かかる塵(ちり)の世なんであろう
いざ胸を張り 風に乗り
空の彼方に去(い)なんかな

火野葦平は「花と龍」「麦と兵隊」などの作家 酒豪豪傑として愛され慕われる
1960年1月24日53歳で没 (葦平忌という) 酔うとよく河童の絵を色紙に描いた
この河童音頭は火野邸での宴会で盛り上がるといつも高歌放吟したという


1月24日

ボケ(木瓜)の花

河童音頭   火野葦平

奇跡の星の植物館にて(1月22日)

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

今日の花目次へ

前日へ

次の日へ

バラ科ボケ属
原産地 中国南西部
花期間 寒ボケ 11月〜4月(四季咲き性)
      春ボケ 3月〜4月
別名 放春花(ほうしゅんか)
日本には平安時代に渡来したといわれています。日本(本州)にはクサボケ一種が自生しています。ボケは非常に変異性が強く、種から育てると一株一株花の色が違うと言われるほどです。それだけに多くの系統と種類があります。


  子供叱るな 来た道じゃ
  年寄り笑うな 行く道じゃ
                (詠み人知らず)