前月目次へ

今日の花1月目次へ

今日の花目次へ

HOMEへ

1月21日

老い先が短くなると気も短くなる
このごろはすぐ腹が立つようになってきた
腕時計のバンドもゆるくなってしまった
おれの心がやせた証拠かもしれぬ。

酒がやたらあまくなった
学問にも商売にも品がなくなってきた
昔は資本家が労働者の首をしめたが
今はめいめいが自分の首をしめている

おのれだけが正しいと思っている若者が多い
学生に色目をつかう芸者のような教授が多い
美しいイメジを作っているだけの詩人でも
二流の批評家がせっせとほめてくれる
戦いと飢えで死ぬ人間がいる間は
おれは絶対風雅の道をゆかぬ

今日の花目次へ

前日へ

次の日へ

大阪河内長野花の文化園にて(1月10日)

リボンブッシュ

キツネノマゴ科ヒポエステス属
原産地 ギニア、ナイジェリア、カメルーン
花期間 10月〜2月
学名 ヒポエステス・アリスタータ
アリスタータの流通名がリボンブッシュです。ヒポエステスには観葉植物としてフィロスタキア(ソバカスソウ)が流通していますが、アリスタータは花を観賞します。10℃以上でないと越冬できないので室内や温室での育成になります。小さいリボンがクルリと巻き上がったような可愛い花が密集して咲きます。


  人ひとり生かしめてゆくあやふさを
  つくづく知りて世を過ぎなむか

                   高田浪吉

やせた心      中桐雅夫

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます