別れる練習をしながら 生きよう
立ち去る練習をしながら 生きよう

互いに時間切れになるだろうから
しかし それが人生
この世に来て知らなくちゃならないのは
<立ち去ること>なんだ

なんともはやのうすら寒い闘争であったし
おのずからなる寂しい唄であったけれど

別離のだんどりを習いつつ 生きよう
さようならの方法を学びつつ 生きよう
惜別の言葉を探りつつ 生きよう

人生は 人間たちの古巣
ああ われら たがいに最後に交わす
言葉を準備しつつ 生きよう


前月目次へ

今日の花1月目次へ

HOMEへ

写真はクリックすると1024×768ピクセルの壁紙サイズの画像がでます

1月17日

ヘーベ・”レースラベンダー”

ゴマノハグサ科ヘーベ属 常緑低木
原産地 オセアニア、南アフリカ
花期間 暖地では通年 3月〜6月
花の色は薄い藤色です。他の品種では白やピンクや紫などもあります。花の最盛期には枝先全体に房状に花をつけ、欧米では庭木として好まれています。近年日本でも数種類が流通し始めています。

悲しみ、苦しみは人生の花だ
                坂口安吾

淡路島夢舞台プロムナードガーデンにて(1月5日)

別れる練習をしながら
                 趙炳華(チョウビョンファ)
                 (訳)茨木のり子

今日の花目次へ

前日へ

次の日へ